技術検討交流会(果樹)

9月10日、二本松市東和地区にてワイン用ブドウとワイン生産を行っている「ふくしま農家の夢ワイン株式会社」を見学しました。ふくしま農家の夢ワインでは、自社農園に加えて、構成する農家もワイン用ブドウを育て、自らワイン生産を行っています。ヤマソービニオンが主要品種で、先進地の山梨で技術を学んできました。毎年着実に面積を増やし、今年2万本、来年は3.5万本になるそうです。

何もなかったところにワインを始めたのは、若い人に興味を持って欲しいからとのことでした。その行動力には敬服しました。

工場の内部               社長の斎藤さん

ヤマソービニオン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA